晴れわたる空の色  忘れない 日々のこと


by yuzu0703
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ありがとう、ありがとう。

aiko LOVE LIKE ROCK vol.3@Zepp Tokyo。
行ってきましたー!!


d0063767_2214168.jpg
d0063767_2221968.jpg


いやー。
やーばい、やーばい。
…もうね。



めっちゃくちゃ楽しかった!!!



もうほんと、くそ楽しかったんですけど(笑)
やー…良かったー。


実はLLRは今回初めてで。
というのも、aikoのライブハウスにはちょっと抵抗あったんです…。
高1の時のLLP4。
『桜の木の下』のツアーで、LLPでは最後になったライブハウスツアーの最終日。
@赤坂BLITZ。

その時、無知なあたしは最前に行って。(番号が110番代だったから)
番号の良さもあって2~3列目ど真ん中なれたし、あの弾き語りの「カブトムシ」は一生忘れないけど。
でも。
開始5分で友達とはぐれるわ、携帯落とすわ、ありえないぐらいもみくちゃになるわ、サラリーマンにジャンプの踏み台にされるわ。。。
正直、ライブハウスがトラウマになった。
aikoのライブハウスは、ぶっちゃけレミオを上回るくらい激しいんです。

その次のLLP5からホールツアーになったんだけど、FCに入ってなかったから5~7まではチケット取れなくて。
大学に入ってようやくFCに入会して、最初のツアーがLLR2。
でも、怖くて行けなかった。
だけど去年からレミオをきっかけにライブハウスに行く回数が増えて、色々とわかってきて。
やっぱりaikoのライブに行きたいから、今回は迷わずチケット取りました。


番号は1900番台。
後半の番号だし身長ないからaiko見えないかな~って結構心配だったんだけど、全然平気だった(泣)
やっぱり自ら後ろに行く人も結構多いみたいで。
入ってくと最前ブロックこそ人いっぱいだったけど、それ以降はまだ手摺前の1列ずつしか埋まってなくて。
むしろ、段差のある後方ブロックの方が埋まってた。
迷った末に、2ブロック目の後ろ手摺を背もたれに場所ゲット!


以下、感想~。
ネタバレもちろんあり☆








赤い幕に『aiko LOVE LIKE ROCK vol.3』の文字。
10分押しで開演。

うあー髪切ってるー! パーマ当ててるーー!!
黄色いTシャツに薄いデニムの短めジーンズ、スニーカー。
てゆーか普通に表情見えるし!
めっちゃ見えるしーー(泣)


あーもーかわいーー!!


もうねー…
とりあえず、セットリスト最高!!
ぶっちゃけ今ツアー中の2組のアーティストのセットリストには、少なからず不満があるのです…(爆)
だから、今回のaikoの選曲はすごく嬉しかった。
曲数はやっぱり普段のライブより少ないけど、全然満足だったもん。


1.蝶の羽飾り
2.あなたと握手
3.桜の時
4.Mix Juice
5.more & more
6.夏服
7.スター
8.ジェット(アコースティックVer.)
9.こんぺいとう
10.それだけ
11.キラキラ
12.Power of Love
13.相合傘(汗かきMix)
14.be master of life
15.彼の落書き

【アンコール】
16.アンドロメダ
17.恋愛ジャンキー



LLRでまず良いのは、LLPツアーじゃ歌ってくれない曲をやってくれる事。
アルバムツアーじゃないから、新旧問わずに歌ってくれる。
昔からのファンには嬉しい限りです。


以下、曲ごとに感想~。


1.蝶の羽飾り
「スター」のカップリング。
aikoはツアーの時、最新シングルのカップリングは絶対やる★
そんで1曲目に持ってくることが多い。
LLP9の1曲目もカップリングだったもん(笑)


2.あなたと握手
なにげライブでは初聴き!
楽しかったぁー。


弾ける高鳴る 2人の愛に溺れなさい
どうぞ どうぞ…



ここがすーごい好きで。
演奏もメロディもaikoの声も、すごいツボ。
鳥肌立つの。
生で聴けたの嬉しかったー。


3.桜の時
始まった瞬間、友達と顔を見合わせて「やったー!!」(笑)
やりそうだよねって話してたから♪

aikoの中でもかなり上位に入るくらい好きな曲。
ふわーって幸せになれる曲。
ピンクに染まったステージが、すごくきれいだった。


4.Mix Juice
やーーった!!!(笑)

これはLLRでしかやらない、ライブ用の曲。
嬉しかったーー。
かなりノリのいい曲です。
途中のメロディにめっちゃ言葉が詰めてある部分が大好き。


5.more & more
「桜の時」のカップリング。
メドレーでは聴いた事あったけど、フルでは初♪


熱すぎる太陽と 突然のスコール
そして グッドタイミングのKiss
もうばっちり



ここが好きー。
メロディも歌詞も声も…もー、ほんっとかわいい(笑)

aikoはね、ちゃんと昔からのファンの事も考えてくれるから好きなの。
どっかの人たちみたいにシングルばっかやったりしないもん。(…言っちゃった)


6.夏服
嬉しかった。
ほんと嬉しかった。
大好きなんです、この曲。


忘れてく思い出は 計り知れない
愛してた想いは あなたよりも深い

お願い あたしより先に その夏服を着ないで
冬の切なさ引きずったまま あたしはそっちに行けない
あたしはここに立ったまま



制服が冬服から夏服に変わる時期の、好きな人に覚えるおいてけぼり感。
『夏服』が出た時から、ずっと聴きたかった曲。
まさか歌ってくれfるなんて思わなかったな。
すごい良かった…


7.スター
きーたーー。
この並び、やばい。


「心から好き」とか 喜んだ顔とか
そんなものばかりで溢れます様に



表情が、しぐさが、全部見える。
aikoが曲に込めてる感情が、ぜんぶぜんぶ伝わってくる。
ここで聴けてよかった。


8.ジェット(アコースティックVer.)
この曲をアコースティックにするっていうのがニクイー!(笑)
でも全然違和感なかったなぁ。
普通に縦ノリしてたし、♪Baby~!!はちゃんとでっかい声で叫んだし(笑)
絶対うちらあの一体で1番声張ってた(笑)


9.こんぺいとう
やーったーーー。
大好きなの!!
これも「スター」のカップリング。


睫毛を通り堕ちるドロップ 唇に触れて味は苦い
忘れられない恋の味よ

一緒に溺れてしまえるのなら それでもいいと思ってたの
悲しみから逃れるために噛んだ 腕に赤い散らばった こんぺいとう



このDメロから最後のサビにかけての雰囲気とか、もーめっちゃ好き。
aiko特有のメロディラインがたまんないー。


歌った後の、aikoの言葉。

a「「こんぺいとう」って、カップリングやんか。
でも前奏始まったらみんながわーってなってくれて…ぶわーって鳥肌立ってん。
みんな聴いてくれてんねやなって。
ほんまにほんまにありがとう。(お辞儀)」

誰かー。 この可愛い30才何とかしてー(笑)
だから大好きなんだよ、あの子。


10.それだけ
これ、今日1番嬉しかったかも。
aikoのアルバムって基本的にどれも好きなんだけど、選ぶとしたら『桜の木の下』か『秋、そばにいるよ』で。
そして『秋そば』の中で特に秀逸なのが、「それだけ」。


ただ あなただけ
ひとつだけ この気持ちはここにしかない
ただ あなたが好き
苦しみも重ねて ただそれだけ



aikoの歌の上手さが改めて引き立つ、すごく純粋なバラード。
めちゃくちゃ鳥肌立った。
そして、ちょっと泣きました…。
歌う前のMCでaikoが言った、「この曲を歌う時は、しっかりとした覚悟が要ります」っていうセリフが印象的だった。


11.キラキラ
a「この曲で、みんながもっともっと幸せになれますように」

大好きです、ほんと。
明るいのに切なくて、でも前向きで。
aikoの曲ってピアノで作ってるだけあってピアノが重要だと思うんだけど、この曲の音は特にすーごい好き。
もう、最初の部分から鳥肌立つ。


羽が生えたことも 深爪した事も
シルバーリングが黒くなった事 帰ってきたら話すね
その前にこの世がなくなっちゃってたら 風になってでもあなたを待ってる

そうやって 悲しい日を超えてきた



最後のサビで、まさに“キラキラ”が降ってきて。
ただ普通の金銀のテープを正方形に切っただけなんだけど、すごいきれいだった。
ライブで雪とか降る演出ってすごい感動するけど、テープであんな風に「うわー」って感じたのは初めてかも(笑)
ほんと、降ってくる様がすーごいきれいで。
思わず見とれちゃいました。


12.Power of Love
きーーたーーー!!

これも前奏始まった瞬間、友達と顔合わせて大喜び(笑)
「あいあいあい!!」(←文字で表すと変だな…)ももちろんでっかい声で!(笑)


このまま一緒にいようよ ずっと二人で一緒にいよう
あなたが好き 好き好き大好き
Power全開



これを可愛いと言わずに何と言う?(笑)
ほんとたのしーー♪


13.相合傘(汗かきMix)
タンバリンaikoー♪
これもすごいROCK向き。
ちょっとアレンジ変えただけで縦ノリ曲にへんしーん(笑)
スタンドマイクも新鮮で好きだなー。


14.be master of life
好きー好きーー。
サビの「oh~yeah~!!」と大サビ前の「いぇーーーい!!!!」がもう、最高に楽しい!!(笑)
こんなに声出しまくるライブって久しぶり…ってか、初めてかもしれないなぁ。

途中でバンドメンバー紹介するんだけど、aikoは普通には終わりません(笑)
その日にaikoがいきなり「●●な曲」とかゆって、その場で即興で演奏させるのです。
今日のお題は「この熱ーい会場がさわやか~~になるような曲」(笑)
良かったら○、ダメなら×で会場が判定。
3人失格で、凹んでておもしろかったー(笑)
てゆーかカズくんかっこいーー!!(@ベース)

メンバー紹介の最後にする

a「そしてボーカルはーー!!」
客「aiko~~~!!!」

っていう掛け合いが大好き♪


15.彼の落書き
最後はやっぱ「イジワルな天使よ~」かなと思ってたから、意外だったー。
でも大好きだからすごい嬉しかったなー!
『暁のラブレター』の中で1、2を争うくらい好きなのだ。

最初の♪ララララランラ~の合唱も良いー☆
縦ノリしまくり(笑)


◎アンコール◎
グッズの緑Tシャツに黒のふんわりスカート、ボーダーの靴下でaiko登場♪
やったー、Tシャツおそろ♪♪(笑)
黒を買った友達は悔しがってました(笑)
カズくんも緑だったから余計に(笑)

16.アンドロメダ
アンドロメダはねー、LLAで出てきた時思い出す。
1曲目だったんだよね。

この曲の世界は、aikoにしか書けないだろうなって思う。
少しずつ消えていく、相手への気持ち。
それを寂しく思う気持ち。 でも、それを止めることができない事実。
すごく切ない。


君の横顔越しにあるもの もう今は見つけられないかもしれない
あたしの髪が揺れる距離の息づかいや きつく握り返してくれた手は
さらに 消えなくなるのにね

空は暗くなってゆく 今日も終わってしまう
この世の果て来た様に呟く
「さよなら」



あー良いー。 すきだーー。
やっぱり表情が見えるのって違う。
aikoは基本的に近いけど、でも、この距離はなかなかない。


17.恋愛ジャンキー
今度こそ「イジワル~」?と思ったらまた違った(笑)
でも、LLP9の武道館でもやらなかったんだよね。
恒例だからやらないと変な感じはするけど、何か足りない!とかでは全然ない★
むしろ「恋愛ジャンキー」嬉しかったぁぁ。

もうね、めっちゃロック!!
だってaikoなのに「オイ!オイ!!」とかやるんだよー(笑)
aiko頭振っちゃってるしね!
ちょーー!!楽しかった♪♪



◎おまけ◎

今、ハミングのCMで流れている曲です。
LLP9の追加公演で、ライブ後にaikoが歌っている映像(PVのようなもの)が流れた曲。
CD未発売。
MCの時に男のファンが「aikoー!ハミングのCMの曲って何ー!?」と言い出した事から、なんとアカペラで歌ってくれたのです!!!
もうめっちゃ好きだから、めっちゃ嬉しかったーーー。


すこやかに育ったあなたの 真っ白なうなじに
いつぞや 誰かがキスをする
胸を身体を引き裂く様な別れの日も いつかは必ず訪れる

そんな時も きっとあたしがあなたの傍にいる



この曲ができた経緯も話してくれました。

a「友達から「今破水しました!」というメールをもらって。でも電話しても辛い思いさせるだけやろうし、行くこともできへんし。
どうしよーってなって、「あ、曲書こう!!」って思って作った曲です。
ほんでその子が生まれたらプレゼントしようと思ってん。
誰かのために曲を書いたのは初めてです」

こんな曲をプレゼントしてもらえるなんて、うらやましすぎる。
めっちゃ鳥肌立ったーー。
後ろの方なのにめっちゃでかい声で叫んでくれたあの男、グッジョブ!!(笑)



*******************************************************


はー。
LLPも大好きだけど、LLRもかなりいいなぁ。
かーなりストレス発散になった(笑)
正直、レミオの倍くらい跳ねてた(^^;)
ずっと2ブロック目の後ろの手摺にいたのに、レミオで最前行った時くらい汗かきました。
まじ背中びっしょびしょ(笑)
すごいわー。
ほんとにLLPとは違う!


aikoのライブ、ぜひぜひ行って欲しいです。
LLRはFC入ってないとまず無理だけど、普段のツアーのLLP。
これも本編(ホール公演)はFC入ってないと難しいけど、追加(武道館、大阪城ホール)は、席にこだわらなければ取れると思います。
本当に楽しいし、感動しますよー!!

やっぱりどこか、同姓特有の楽しさもある気がする。
何より、本っ当に歌が上手いです。
何度も何度も鳥肌立つ。
んでもって、めっちゃくそ可愛いです(笑)
30なのに、くるくる回ってます。
右端から左端まで、しょっちゅう走ってます(笑)

色んな人が『歌姫』とか言われてる時代だけど、あたしの中で『歌姫』はaikoだけ。
ぜんぶぜんぶ、含めてね。




ここからちょっと、まじめな?お話。

実は今日は、最初から色んなハプニングあって。
まず、開演前。
あと15分くらいって時、左から女の子が友達に支えられながら歩いてきて。
もう具合悪くなちゃったのかーと思いながら見てたら、うちらの前を過ぎたあたりで床に座り込んでしまって。
大丈夫かな?と思った瞬間に、吐いちゃってた。
とりあえず背中さすってたら、係員の人が来て救護室へ。
床を処理しなくちゃいけないから係員がトイレットペーパーで拭いてたんだけど、それを傍にいた女の子2人が手伝ってて。
何だか感動しました。
逆にうちらの横にいた男たちは、笑いながら「あんま見ない方がいいよ」とか言って、逃げるように真ん中に入っていった。
最低だと思った。

絶対楽しみにしてたはずのライブ。
開演前に具合悪くなって、しかも人前であんな事になるなんて…。
絶対絶対ショック受けてるはず。
それをあんな風に言えてしまう意識が、あたしにはわからなかった。


そして開始1曲目。
やっぱり最初からすごい押し合いで…。
うちらのブロックにも、後ろから何人も人が入ってきた。
かなりスペースが空いたから前行こうかとも思ったんだけど、下手なことすると絶対見えなくなると思って、手摺から動かなかった。
今日は大丈夫そうだなーと思いながらめっちゃノッてたら、1番が終わったところでいきなりaikoが「ちょっと待って!一旦止めて!!」と言って、演奏が止まる。

何かの演出?とか思ったら、「ちょっとそこ大丈夫?苦しくない?」って……
最前ブロックの真ん中あたりが、すごいことになっていたみたい。
男の子まで倒れたりして。
「もうちょっとスペース空けれる?」とか言いながら、数分間、場が落ち着くのを待ってました。

1曲目なんて、絶対その日のライブの全部を左右するのに。
それでもaikoは、演奏を止めてまで対処してくれた。
ほんとに偉いと思った。
そしてさすがaikoだけあって、「ほら男子!女子が苦しそうだったら守ってあげんと!」とか言って、あくまで自然に空気を戻してくれる。

そして「そんではもう1回、1曲目からいきたいと思います!
もうめっちゃ喋ってもうてるやんな(笑)」
とか言って、最初から再開。


その後も、MCで何回もそういうことを言ってた。
常に気にしてくれてた。

「みんな、気をつけて楽しんでってな!」
って言ったり、
「あんな、ほんのちょっと背が違うだけで、全然空気が違うねん。
aikoもここ(ステージの真ん中)にいる時と前に行った時じゃ空気の薄さ全然ちゃうもん。
小さい女子は苦しいと思う」
って言ったり…。

誰かが具合悪くなると、話の途中でも
「はいそこ!警備のお兄さん、迅速な対応をお願いします!!」
とか言って、和ませつつも毎回中断して気にかけてくれて。


aikoはね~…本当に、本当にすごい人だと思う。
常に周りの事を大事にして、でも楽しむことを絶対に忘れてなくて。
どうやったらあんなに自分を楽しんで、そして同時に周りも楽しませることができるんだろうって思う。
尊敬してやまないです。



今日の、aikoの最後の言葉。


「今日は最初から色んなハプニングがあって。
でもみんなが協力してくれたから、すごく楽しい時間にすることができました。

あたしは歌手になって、こうやって歌っているけれど、今、この瞬間。
これ(ライブ)があって、やっとすべてが成り立ってるんだなって思いました。
本当に本当に、今日、真剣に思いました。
本当にありがとう」


そう言って深々と小さな身体を丸めるaikoが、あたしにはすごく大きく見えた。
aikoみたいになりたい、って思った。
てゆーか、生まれ変わったら絶対aikoになりたいんですけど!(意味がわからにゃい)



ありがとうね、aiko。
aikoを好きでいて良かった。
これからも、ずっとずっと大好きです。
[PR]
by yuzu0703 | 2006-01-31 23:22 | LIVEレポ♪