晴れわたる空の色  忘れない 日々のこと


by yuzu0703
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

きっと 本気で誰かと 笑いたいだけなんだ

ゆず@長野ビッグハット、レポ。(アンコール)
ふつーに長いです・・・(爆)



さーさーさー、今日は今から帰省してきます。
そして夜は、高1の時のクラス会!
人によってはほんと、すーごい久しぶりです。
色んな意味で楽しみ(笑)

でわ、レポの続き~。
ちなみに本編はこちら→





・もうすぐ30才
・VTR変わってるけど、めんどくさいので割愛。(コラ)
・悠ちゃんのセリフが終わる前にシルエットが消えるみなみちゃん。
・え、いいの?(笑)
・「♪嬉しくなったり~」で、にっこにこで首を振る岩沢さん。
・ど、どうした!?(笑)
・一瞬少年のように見えたぞ。
・カラオケは恋カヨ☆
・今日もムーチョはやんなかったー。 暗かったし。
・最終日なので、満点!
・めーっちゃ満面の笑顔の北川さん。 かわいー(笑)
・「もうすぐウン10才」で、最初から最後までコブシの岩沢。
・ねー、あのおっさん面白いよー(笑)
・ゆーじんネクタイ外し!
・やばい、あの距離はやばいです!!(あたしきもいね)
・Jさんは見てもくれないので(爆)、1人できゃいきゃい言ってました。
・外しながらサブステに来てくれたからめっちゃ見てたら、自分抱きしめながら踊ってて吹き出したけど!(おい)
・最後センターで踊ってるのとか、爆笑です。
・なにあの動き~! 何かもーやばいよ、あの人(笑)
・で、でー。 最後。
・悠仁がいつものようにすっ飛ばしたカバンを拾って、厚ちゃんが悠仁の肘を叩く。
・が、北川さん、シカト!(笑)
・3回目くらいでようやく振り返って受け取る。
・とー。
・厚「(下から覗き込むように)今日からゴールデンウィークですよ!」(この顔!笑)
・アドリブに笑う悠仁。
・厚ちゃんてたまに気分で言うから困るよね(笑)
・1回はけようとして、わざとらしく振り返る悠仁。
・悠「店員さん!」(この言い方が・・・。笑)
・出た、負けず嫌い(笑)
・悠「店員さん、ゴールデンウィークの予定は?」
・厚「(はって感じの笑顔で) 仕事に決まってるじゃないですか!」
・なにやら後ろでバタバタしてるスタド。
・すると、にっこにこの岩沢さんの頭の上に紙コップが乗せられる。(誰だっけ。ケンちゃんだったかなー?)
・ナイス!!(笑)
・悠「明日もがんばろ!」
・厚「ありがとうございました~」
・ミュージカル終了ー。


■ダブルアンコール■
・いつもなら「もういっちょいく?」的な映像なんだけど、今日は違う!
・びっくりした~。
・「ゆずの歴史がリボンをつなぐ!」ということで、「リボンしりとり」。
・えー、以下のしりとりの内容は、まんまSさんからもらいました。
・ありがとうございます(笑)

①ゆず(リボンのジャケット)

②ズームバック(スタジアムの時、たぶん@横スタ。 2人で上のカメラに向かって青春を歌ってる)
これ、個人的にすごい好き! 構図も2人のビジュアルも。

③クリスマス(リホとタカシのクリスマス映像@秋味)
あれ最後キスしてるから(もちろんフリだけど)、全部流されないかハラハラしました。
「全部はやばい!全部はダメ!」とか言いながら(笑)

④スライディング(秋楽旅行で使ったスクリーン映像)

⑤ぐっと堪える(BGM未練歌。 机の角に小指をぶつけて、悶える悠仁)

⑥ルーズソックス(女子高生@少年PV)

⑦スーツの似合う紳士(スタジアムで使ってたカラオケ映像。バーのやつ)

⑧七味唐辛子(BGM未練歌。そばに唐辛子を瓶ごとかけちゃって慌てる岩沢さん)
これめっちゃ可愛かった!!
やっぱ昔はかっわいいわ~・・・。

⑨シュミのハバ(ラッキー池田さん)

⑩バカップル(スタジアムのカラオケ映像@遊園地)
悠仁・・・。

⑪ちりめん問屋(岩沢侍@サクラサク)
これが噂の!!(笑)
サクラサクって映像化されてないから、見れて嬉しかった♪
隣で大騒ぎのJさん。 ごめん、あたしは別に・・・(笑)
会場はけっこー悲鳴だったね~。(冷静)
てか普通にかっこつけてるから(わざとだけどね)、リアクションに困った(笑)

⑫病の女(潤子&ムーチョ)
また女装かい・・・。
ふつーにキレイな北川悠仁(笑)

⑬馴染みの店(厚ちゃん客、悠仁マスター@巨女)
可愛い! 岩沢可愛い!!(バカ)

⑭生徒会長(悠仁@巨女)

⑮うっとうしい客(悠仁のおばちゃん×2人@巨女)
これも女装といえば女装・・・(笑)

⑯くしゃみ(BGM未練歌。 くしゃみしてドミノを倒す悠仁)

⑰耳鳴り(トビラの時、楽屋でタバコ吸ってる悠仁。に、耳鳴りの音を加えた)
ほんと病んでる時期だから、ギャグにしていいのか?と思いつつ(爆)
何か懐かしかった。

⑱リボン!!


・あのー、すいません。
・北川さんの女装バージョン、全て流れてません?(笑)
・でも昔の映像見れるのって良い~。
・ダブルアンコール。
・ゆず登場。
・早速1人カンフーする岩沢さん。
・悠「最終日スペシャルしりとりでした(笑)」
・サヨナラバス
・まぁ、いつも通りな感じで(笑)
・これも背中合わせ。
・最後客に歌わせる時、悠仁が合わせて両手の人差し指を小さく揺らしてるのが可愛かった☆
・タオル準備。
・岩沢さんは最近いつもネックにつけるのね(笑)
・悠「(スタドの方を向いてオフマイクで)にっぽんいつ!にっぽんにつ!!」
・そのテンション、なに?(笑)
・陽はまた昇る
・この曲は本当ライブありきだね。 ライブですっごい映える。
・呼人さんに感謝感謝です(笑)
・楽しい~!!
・最後の「オイ!オイ!!」のフレーズ、これがまた、なーがい!!(爆)
・ほんと、どれだけやってたんだろう・・・?
・ただでさえ長いのに(笑)
・途中でリズム隊だけになった時「あ、今日絶対引っ張られる」って思ったけどさ。
・ほんと後半息続かなくて、何回か椅子に手つきましたからね・・・。(おばさん)
・「長い!長いよ!」とか言いながらも腕は上げる(笑)
・たっのしかったー!!
・ってか、悠仁ほんと体力ありすぎ! 29であれは尊敬します・・・(笑)
・あー・・・しんどい(爆)
・スタド紹介。
・やっぱり普通に終わるんだね~。
・まぁツアー最終日なわけではないし、映像変わってたし・・・仕方ないかー。
・と、思っていたら。
・悠「さて、いつもならここでサブリーダー岩沢厚治と紹介するんですが、」
・!?
・悠「みんな今日は最終日に来たんだろ?」
・!!??
・悠「2人でもう1曲やりまーす!」
・うわ・・・!!!
・まじですか?まじですか・・・!?
・ちょっと待って、そんなのずるい・・・。
・悠仁がカズーをセットする。
・悠仁がカズーで厚ちゃんがハープっていったら、1曲しか浮かばないんだけど・・・。
・え、え、ほんとに!?
・悠「どうも、平成爽やかフォークデュオのゆずでございます! だんだん言えない年齢になってまいりましたが(笑)」
・すぐそうやっておもしろくする(笑)
・始まる演奏。
・やっぱり「連呼」・・・・・・!!
・やばい、やーばーいーーーーー。
・と、前奏で間違える悠仁。 でも続行(笑) 慣れたもんだ。
・てかちょっと待って、どうしよう・・・
・だー、カズー吹いてる悠仁、めちゃくちゃ可愛いし!(涙) ←ほんっと可愛かったのよ。
・ただただ、目の前で幸せそうに歌っている2人を見つめる。
・何かねー、すごい力抜いてて・・・。
・当たり前なんだけど、そこには「ふたり」しかいなかった。
・それこそbridgeで言ってた・・・良くも悪くもあるしがらみみたいなもの、全部取っ払ってる気がした。
・ほんとに、ただただ楽しそうに歌ってる「ふたり」しか、いない。
・ダメだ・・・泣きそうです、ゆずさん。
・厚「カモン長野!」
・うあー・・・(涙)
・そしてサビを歌わせた後、高い声(ポイント)で「ありがとう!」
・あーあー・・・(涙) ←バカ
・数ある中で「連呼」っていう選曲がまた良すぎるんだよ。。。
・トクベツな時は、絶対にこういう曲を選んでくれる。 ゆずはいつもそう。
・最後の厚ちゃんの「♪笑いたいだけなんだ~ ha~」のきれーな裏声に泣きそうになる。
・そして悠仁が「ありがとな~」って、あの、すんごい優しい声と笑顔で。
・もーあれが・・・ほんと忘れらんない。
・ダメなんだ。 いつもそう。
・歌以外で泣きのスイッチを押されるのは、やっぱり悠仁なんです。
・そしてー。
・終わってぼーっとしてると、会場からもう1曲!コール。
・ちょっとびっくりした。
・個人的には全然そんな事考えてなくて。 しかも、そんなの無理でしょ?って冷静に思った。
・だってギターも引っ込んでたし。 1曲で十分じゃん、て。
・でーもー。
・悠「もう1曲?」
・きーたーがーわー・・・(笑)
・悠「ごめんね、ほんとに何も用意してないんだ。ちょっと待ってて」
・待っててってあなた。。。
・おもむろに、中央でこっちを向いたままオフマイクで話し始めるゆず。
・えーえー。 ほんとにやるの!?
・あの光景かなり良かった!だって顔が素なんだもん。
・なかなかあんな表情見れないよー。 すごい嬉しかったな。
・しかも一旦決定?して悠仁が戻ってこようとしたら厚ちゃんが「ちょ、ちょ!」て感じで(真面目な顔のまま)引き止める(笑)
・何かこの時、GO HOMEを思い出してました。
・あの時も、運よくサブステの前で。
・「シュビドゥバー」が終わった後もう1曲!コールが起こった時、あの時もあたしは「そんなの無理だよー」って思ってた。
・でも、ふたりはやってくれた。
・わかってるつもりだったけど、それがゆずなんだよね(笑)
・話し合いが終わって、無言でにステージサイドに「ギター出して」って手でやってる厚ちゃんが何かかっこよかった。
・おもむろに頭にタオルを巻く悠仁。
・え、要らない(爆)
・厚ちゃん、「蛍の光」を引き始める。
・悠「(めっちゃかっこつけた顔と声で)すげぇ、長い旅だったと思う」
・ぶはっ!!(笑)
・悠「(もちろんかっこつけた言い方で)どこまでいっても、答えは見つからないかもしれない。 でも、僕らは走り続けてきた」
・最高! そうやって、良いシーンで敢えてわざとおもしろくするところ、最高(笑)
・もーダメ、こいつら適わない・・・(涙)
・悠「残念ながら全く曲が浮かばなかったので、今日はこの曲で終わりにしようと思います。 みんなほんとにありがとう」
・ん・・・??
・悠「嘘です。 てっぺーーーん!!」
・嘘撤回するのはえーー!(笑)
・ってか、絶対てっぺんてわかってたけどさ! でもうれしーのよ!!
・あーあーあー・・・。
・もうほんと・・・ほんと好き。 あなたたち、ほんっと好き!!!(告白)
・地味にどんどんタオルがずれてくる悠仁(笑)
・結局取って、客席に投げる。
・そうだよ、あなたこの曲頭振ってんだから取れるに決まってるじゃん(笑)
・2番頭のフレーズのギター、すごいかっこよかったー。
・あの脚上げてジャカジャカ引くの大好き。
・最後の「yeah×5!!」のとこで、2人が顔見合わせて歌ってるのがすっごい良かったです。
・あの笑顔! ほんと大好き。
・客席に「カモン!」て言っときながらお互いを見る2人、最高(笑)
・あー楽しかった・・・。
・悠「紹介します。サブリーダー岩沢厚治!」
・厚「いや~!楽しかったです、ありがとう!! あー楽しかった(笑) ←この言い方がすごい素だった~。
結成して10年になりますけど。10年前に作った曲で終わるライブっていうのも、なかなかオツなもんで。 また来ます、ありがとう!
紹介します、リーダー北川悠仁!」
・悠「今日は集まってくれてありがとうございます! ま、たかが10年です(笑)
まだまだ僕らも始まったばかりなので、これからもゆずを応援してやってください! よろしくお願いします。
今日はみんな汗たっぷりかいてるんで、帰り風邪ひかないように気をつけてね」
・客「(パラパラと) はーい!」
・悠「(手挙げて) はーーい☆」 ←これがほんっと可愛かった!(笑)
・両端で挨拶。 最初は厚ちゃん。
・「やばい!やばい!」と小声で連呼しながら(笑)、ここぞとばかりに見る。(あーきもいきもい)
・ばんざーい!×3(笑)
・あーおっさんかわいーー。
・悠仁とこーたい。
・いっぱい手を振ってくれる。
・「また来るよー!ありがとうー!!」って、オフマイクで叫んでた。
・ほんっといい子だよね・・・(涙)
・でもね、あなたタオル投げすぎ!(爆)
・真ん中からこっちだけで、3枚は投げたよね?
・傍で取り合いになったら怖いから、ハラハラした。。。
・わざわざマイクスタンドにまで取りに行っちゃってさー(^^;)
・ま、それが北川悠仁ですけど(笑)
・ゆず「ありがとうございましたーー!!」
・ハッスル、ハッスル☆
・岩沢さんは少林寺の型やってました(笑)
・ばいばーい!!
・その最後のふざけた顔が、余計泣かすっちゅーねん(涙)
・閉まる扉。
・「またあおう ゆず」
・放心。(アホ)




■まとめ?■
いやー・・・。
何か・・・どうしよう(笑)

あの・・・あのですね。
あたしは基本的に、好きな音楽っていっぱいあるし。
それこそ、CDだってゆずより聴くし、ライブだって、場合によってはふつーにゆずより優先するし。
でも・・・でも、なんだろう。
なんだろなー・・・(笑)

なんていうか、できるなら、いっこのものに固執したくないんです。
やっぱり、音楽に限らず、たくさんのものを楽しみたいし。
実際楽しんでるし。
・・・うん。

でもねー・・・
やっぱり、どうにもこうにも無理みたいです(笑)
ダメだ。
やっぱりやっぱり、ゆずだけは無理なんだってわかった。
わかってたつもりだったけど、あのふたりだけは、やっぱりどう考えても、違う場所にいる。
「音楽」だけでも、「人柄」だけでもない。
そういうの、全部飛び越えちゃってる気がします。
「ゆず」っていう存在自体に、これ以上ないほどの意味があるんです。

・・・はい。
もう認めます(笑)
あのね、バカでいいんです。 きもくていいんです!(開き直り)
自覚症状ありまくりですから(笑)


考えてみたら、こんなにも自然に「ありがとう」って言いたくなるライブって、ゆずだけなんだよね。
なんなんだろう、この、心の底からあったかくなる感覚。
あー・・・ほんと、逆にむかつく(笑)


ふたりと同じ時代に生まれてよかった。
たくさんの音楽が溢れている中で、見逃さずに「ゆず」に出会えてよかった。
ふたりに出会わなかったら、知ることのできなかった感情が、きっといっぱいあったと思う。
ゆずのおかげで、たくさんの友達にも出会えた。
言葉なんかじゃ表せないけど、でも

ほんとにほんとに
心の底から、ありがとう。




・・・とゆーわけで。
長々と読んでくれた方、ありがとうございました!(笑)


*ゆず 「連呼」*
[PR]
by yuzu0703 | 2006-05-05 15:39 | LIVEレポ♪