晴れわたる空の色  忘れない 日々のこと


by yuzu0703
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ただ、ありがとう。

ELLEGARDEN ELEVEN FIRE CRACKERS TOUR
-United Solitude-
@幕張メッセ展示場ホール9・10・11


すごかった。 いろいろと。
始まるまではいろいろ大変だったけど、本当にいいライブだった。
ぜんぶ総称して頭に浮かんだ言葉は、やっぱり「すごいなぁ」でした。

まさか、9・10・11を全部ぶち抜いてフロアにするとは思わなかったよ。
本当に「来たい人」を全員入れてあげたかったんだね。


入口やブロック分けがわかんなくて、同じところを3周もした(笑)
Allisterまともに聴けなかったし・・・島唄@トイレ。
聴きたかったチェリーがまったく記憶にない。(3人とも。笑)

Zブロック、ちょい右後方でスタート。
なんか幕の柄変わったよね?
とりあえず羽が生えてた。


では、ひじょーー長いレポ(と言えるのか?)です。





■セットリスト■
1.Opening
2.Fire Cracker
3.Acropolis
4.Can You Feel Like I Do
5.The Autumnsong
6.虹
7.Pizza Man
8.Lonesome
9.Gunpowder Valentine
10.(Can't Remember)How We Used To Be
11.Supernova
12.Space Sonic
13.風の日
MC
14.Missing
15.Salamander
16.Middle Of Nowhere
17.Sliding Door
MC
18.surfrider Association
19.Marie
20.No.13
MC
21.高架線
22.ジダーバグ
23.Red Hot

AN.1
24.Winter
25.Make A Wish

AN.2
26.スターフィッシュ
27.金星


*****

Opening
Fire Cracker
Acropolis

いつもの流れですね。
もう空気がすごい。 フェス並み。 てか、それ以上。
で、
この次も大体アガる曲が来てたんだけど・・・


Can You Feel Like I Do
!!!!!

早くもびっくり。
まさかこんな古い曲やると思わなかった。。。
ツアーのセトリのまま、もしかしたら最後1、2曲足されるかなってくらいで。

うわーうわーー、うれしぃ。
細美さんの声って絶対、激しい曲より聴かせる曲の方が映えると思う。


細「(フロアを見渡して)やー、すっげぇなーー。笑

昨日そこのオークラホテル泊まったんだけど。 遅くまで作業してたから。
ペイテレビつけたらさ、すげーいいとこだったの。 (ピーー)で!
3回くらい(ピー)に手伸ばそうとしたけど、やめといた。
やんなくてよかったわー。

だから今日は体力万全です!
最後までよろしくお願いします!!」

↑ふっつーに単語言ったからね!
さすがにびっくりした(笑)


The Autumnsong
ぃやっったぁ!!!!!
大っっ好きーーー。
新潟ではやってくんなかったから、ちょーーーーうれしぃ。

恒例細美ダンス。笑
サビ前は右腕グルグル。
テンション上がりすぎて一緒にやってしまったわw

もーひたすら踊る踊る!!
ちなみに、この曲カラオケで歌うと気持ちいぃよ、みんな!(笑)



もともと好きな曲だけど、すごい染みた。。。
歌詞があまりにタイムリーすぎて、堪えるのに必死だった。

積み重ねた思い出とか 音を立てて崩れたって
僕らはまた 今日を記憶に変えていける


積み重ねてきた思い出が崩されることって、本当にあるんだよ。
でも、そうだよね・・・
記憶に変えていけるんだよね。


立ち止まって見上げた空に 今年初の星が流れる
なんとなく これでいいと思った


宙を見上げてそう歌う細美さんに、これでいいんだって思えた。
うん。 もう考えない。


Pizza Man
これもーーやっとっ。
あーくそ楽しいっっ><!!!

細美さん、煽る煽る!(笑)
3万人?のペパロニクアットロ!!!!
圧巻~。


細「(フロアを見渡して)すげぇなー。。。
ありがとう! 全然緊張してねーよ(笑)

俺バカだからさ、幕張がどのくらいの広さかとかわかんないの。
でもさ、後ろの奴からも、すっげえ愛情感じるんだよ。
おまえらあんまり人に愛されたことないからわかんねぇだろ?
受け止め切れないよ、俺。

もしそうゆうジャンルがあったら、俺確実に“幸せ死に”してる」

ちょーーー笑顔。
まさにキラースマイル。笑
ほんと純粋な人だなぁ。


Lonesome
すぐわかった。
でもまさかと思い、「これたぶん・・・!」で止まる(笑)
演奏が進んで確信持って、「Lonesomeーー・・・!!涙」

信じられない。
しばらくぼー然としたもん。
なんでよりによってLonesome?

ありがとう、ありがとう。
偶然でもなんでも、今日これを歌ってくれて、ありがとう。


Gunpowder Valentine
うん。
ごめんなさい。
なかなかLonesomeの感動から抜けられませんでした(笑)


(Can't Remember)How We Used To Be
!!!!

これもびっっくりした!!
だって、友達にメールでも書いたけど、LonesomeとHow We~とサンタクロース(←季節無視。笑)の3つを切望してたの。
「絶対やらないけど」って言いながら(笑)

「やるかな~」って淡い期待もないくらい、当たり前のようにやらないと思ってた。
だからまた、わかってるんだけど「えっ・・・!?でもまさかそんな・・・」って(笑)

すっっごいうれしかった。
Bメロの音が大好き。
最後のサビ前のブレイクもかっこよかったわー。


細「おまえらそんなんでいいのかー? こんなの一生に一度なんだから。
まだまだこんなもんじゃねぇだろ?
俺らにできねえことなんかねーんだ。

大事なのは失敗しないことじゃなくて、失敗から学ぶこと。
ただ、周りに怪我させるんじゃねーぞ。 自分も怪我するな。
絶対死人出さないからな。

さぁ、いこうぜぃ」

Supernova
この持っていき方がすごいかっこよかった(笑)
モッシュゾーンにいないから踊ってたんだけど、オータムソングみたいにやると楽しい!!
発見。

右・左って腕動かす感じね。
みんなもやってみて(笑)


Space Sonic
前奏からかっこよすぎだわ。
サビ前の来る来る!!って感じがたまらんー。
あそこの細美さんの発音がすごぃ好き。

途中、ペットボトルが右からすごいキレイに弧を描いて飛んで来てた(笑)


風の日
早い段階でやって意外だったな。
「I'm on yourside」でまたフロアを指す。。。
それだけで半泣きになりましたけど、なにか(笑)

実は(?)この曲、英詩の部分が1番好き。

Go Cry Go Smile
Be kind to yourself



***


細「俺たちはさ、おまえらとなーんも変わんねんだよ。
ペヤングソースやきそばが大好きで、
いまだにエロ本のシールこっそりはがしたりするし。(←はがす仕草。笑)

でも曲が売れたりすると、そうじゃなくなっちまう人がたくさんいるんだ。
むしろ、そうなっちまうのが普通だって言われる。

でも、数字なんて本当に関係ねぇと思うんだよ。
そんなのおまえらはわかってんだろ?
こんな、3万人もバカばっかり集まってくれてさ。

このままの俺らをこのステージに上げてくれて、ありがとう」


Missing
イントロと同時に、「ずるいーーーー涙」(笑)
だってもぅ・・・なんなの。 なんなの。
「彷徨ってはここに逃げ込んで」でフロアを指さす。。。

手拍子にはびっくり。
でもまぁ、なんか今日は許せました。
お祭りだしね(笑)


Salamander
なんか、この曲が1番、ライブでELLEGARDENのかっこよさを感じる。
サビの裏声のかすれ具合がたまらん。


Middle Of Nowhere
Sliding Door

やっぱり、エルレのこうゆう曲好きだな。
細美さんの声も4人の音も、いちばんキレイな形で聴かせてくれる。

スクリーンに映る細美さんがびっくりするくらい男前で、
「なにあれ!?」と思いました(笑)
ライトが・・・

彼になにかが降りてきてたのは、たぶんこのくだりです。


細「世の中はさ、最高と最低とか幸福と不幸とか、反対の言葉で分けられると思うんだよ。
俺がバカな頭で考えた結果ね。

そーすっと当然、頭の良い奴と悪い奴にも分けられる。
おまえらもバカだから、いつも頭良い奴に虐げられてんだろ?

今日は、俺らみたいなバカにしかできないことをやってやろーぜ」


surfrider Association
最初も最後も「ぃやっほーい♪」って言ってた☆
新潟ほどではなかったけど、やっぱり細美さんの身振り手振りがすごぃ!!(笑)

これでもうちょい前行こうと進んだら、意外や意外、すごい平和(笑)
ぎゅうぎゅうになってるのは本当に最前の部分くらいだけで、そのすぐ後ろはふつーにスペースあり。
モッシュあるけど楽しい程度で、踊れるしよく見えるし。
最初からこのへん来れば良かった(^^;)

そして、たぶんこの曲。
モッシュで男の子に2mくらい吹っ飛ばされた(笑)
ッドーーン!!!!みたいな。

ゃ、いいんですけどね。
びっくりしたわ。


Marie
前も書いたかもしれないけど、なんかすごい泣けるの、これ。
サビのかんじが。
かなり入り込んでました、きっと(笑)

最後の「This is your Song」でフロアを指す。
もーーー。。。


No.13
やったぁぁぁ、やってくれた!!
「September 9th It's a sunny day」って入りがなんかツボ!(笑)

みんなでNo.13~~♪


高架線
また手拍子が・・・(笑)
前だけあって、合唱もすごぃ。
でも、意識を集中させればちゃんと聴けた。

周りからしたらさ、「なにコイツ突っ立ってんの?」とか思われてるのかな(笑)
でも、どうしてもひたすらステージを見ることしかできないのです。


何億年も前につけた傷跡なら 残って
消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね

血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も
誰にだってあるだろう 隠すつもりもないけれど



↑やばぃ、書いてるだけで泣けてきた・・・(爆)


ジダーバグ
おぉ! 恒例のかっこいいMCがない!!
いつも細美さんが最後早口でまとめて、♪たった一つの~
って入るイメージあるから、意外だった(笑)


いつだって君の声が この暗闇を切り裂いてくれてる

細美さんにとっての「君」は
もしかして、ここにいる人たちのことなのかなぁ。



細「さぁ、ライブハウスに帰ろうぜぃ」


あの、ごめん。

これさ、あたし「さぁ、ツアーの反省会やろうぜぃ」って聞こえたの。
まじでまじで。

「反省会ってなんだよ、打ち上げじゃないの?笑」とか心の中でツッコんでたの。
聞き違いっていぅ・・・・・恥。


Red Hot
完全にモッシュの中(笑)
あーたのしぃ。
たぶん、細美さん並にイッてたね(笑)

なんだろーもう。
あのたのしさは言葉なんかで表せないよ。
頭の中からっぽ。
こんな風になれる場所があるって、本当にしあわせだ。

本日も「I'm growing up~」から、細美さんの手振りが激しい。
んでサビ前にダンスね(笑)

あぁーーーくそたのしぃぃぃっっ!!!!!


*****

AN.1
細「ありがとう!  あと2曲やって帰ります」

Winter
なんかね、なんか泣けた。
いつもそんな曲じゃなかったのに。
「たかがこれくらい 僕が好きだったもの」って部分が、みょーに染みた・・・


メンバーが1人1人話したのはここかな。
エルレで全員がしゃべるの聞けるとか珍しいよね!
高橋さんの「とにかく・・・ドラムがんばります」がツボだった(笑)

で、細美さん。


細「俺、今日さ・・・
生まれて初めて、ここにぽっかり空いてる穴が埋まった気がするよ。
ほんと、生まれて初めて・・・」

胸にグーを当ててそう言う細美さんは、泣いていた。
こんな人が居てくれること、奇跡だって思った。


*****


細「いっちょ、でけぇ声で頼むぜぃ」

Make A Wish
やー、初めてサークルに混じってしまったよ。
だって、あの流れじゃ入らない方が無理だった(笑)

あのさ、ちょっときーて。
最初さ、サークルじゃなくて、みんな横並びに肩組んでるんだと思ったの。
だから、せっかく空いてるんだしと、前に行こうとしたわけですよ。
=サークルのど真ん中に入りそうになっちゃって!

止められました(笑)
失態、失態。


すーごいおっきなサークルでぽっかり空いてるから、前が見やすい。
そこから見たステージは、なんだか不思議な光景だった。

最後はモッシュ、モッシュ!!(笑)


Let's make a wish
Easy one

That you are not the only one
And someone's there next to you holding your hands


願いごとをしようぜ
簡単なやつを

君がひとりきりじゃなくて
そばに誰かがいて 手を握ってくれるように



なんて素敵な歌なんだろう。



細「ありがとうございましたぁぁぁ!!!」

オフマイク。
ちゃんと聞こえたよ。


*****


客電がつく。
でも、みんな帰らない。

だって、絶対出てくるじゃないですか(笑)


AN.2
細「どうしてももう1回おまえらに会いたかったんだ。
ありがとう」

スターフィッシュ
な、なんだ、そのかっこよすぎるつなぎは・・・!!
一瞬「まーこの人はクサいこと言っちゃって」とか思ったけど、
イントロ始まって「・・・そうゆうことか!」と(笑)

考えてきたな、ほそみぃ。


みんな大熱唱。
1番の♪とかを煽って歌わせる細美さん。
うちらのツボだから、思わず顔見合わせて笑っちゃった(笑)

最後の「綺麗なものを見つけたから」で、また宙を見上げる細美さん。
やっぱり大好きな曲。

うん。
あたしも今日、どうしても会いたくて来たんだよ。


*****


細「昨日の夜風呂入ってる時さ、緊張してテンパったらどうしようと思って、
いっこだけ言うこと決めたの。
まぁ全然テンパらなかったんだけど(笑)

あのさ、やりたいことをやろうとすると、みんな言うんだ。
「大人になれ」って。
俺らも何万回も言われた。 今でも言われる。

でもさ、夢や希望をなくすことが大人になることだとは思わないんだよね。
そんな迷信、信じるんじゃねーぞ」


細「次にやる曲は5、6年前に作ったんだけど。
その時もみんなに「あーいぃねー若いね、夢見てるんだねー」って言われたの。
でも俺はそれを歌ったし、今日も歌います。

俺らが今ここにいることが、現実だろ?」


うまく言葉で表せない。
鳥肌と涙。 それ以外なかっだ。


細「これで最後だ。 ありがとう」


金星
うあー、信じられなぃ。。。
まさか金星やってくれるなんて。。。


この夜が終わる頃 僕らも消えていく
そう思えば
君にとって大事なことなんて いくつもないと思うんだ



めちゃ個人的なはなし。

「なくす」っていうことが単純にこわくて、変なプライドを持ってた。
ほんとはそんなに大事に思ってないのに、自分の中のその事実を認めるのが嫌だったんだと思う。
「大事に思っていない自分」を認めるのが。

だけど、そんなのなんの意味もなかったんだよね。
だって今実際、さびしくも痛くもない。

これが事実なんだ。


自分にとって、本当に大事なこと。
大切な人。
音と声の中で泣きながら、ぜんぶひっくり返してみれば、ちゃんとわかった。

気付かせてくれて、ありがとう。



細「ありがとうございました!!!!
またどっかで会おうな!!」

みんな手を振ってる。
最後細美さんが顔の前でグーを合わせて(これ今日よくやってた)、
なぜか両足開いて、うっし!!みたいにやって帰っていった(笑)



*****


んー、正直ですね。
雨の桜木町を袴で走ってる時とか、「あぁ、本当いよいよ頭おかしいかもなぁ」とか思ったの(笑)
いや、ちょっとリアルに。
なんだかんだで、けっこう迷ってた。

でも、たとえバカにされたって引かれたって、それでも胸張って、こんなにしあわせだって言える。
それって、すごいことだと思うんです。
あの日あのタイミングであの曲たちを聴けて、本当に良かった。


なんていうか、あたしはたぶんこれからも、エルレに「ハマる」ことはない。
エルレが1番になることもない。
細美さんを崇拝してもいないし、神様だとも思ってない。

でも
細美武士が、ELLEGARDENが、どれだけ稀有ですごい存在なのかを
今回改めて、身に染みて実感した。


音楽という存在。 ライブという空間。

理解してくれなくていいんです。
でも、こんなにも純粋な場所、絶対誰にも否定させない。
あの日幕張の地で、そう思った。

・・・や、別に誰にもなにも言われてないよ?(笑)


ただなんか、自分の中の「音楽」に対する自信というか、確信というか・・・
そういうのが、すごく強く芽生えたライブでした。


本当に本当に、行って良かった。
というか、行かなきゃ絶対に後悔してた。
(なんせセトリが・・・←しつこい。笑)

最高の(勝手に)卒業ライブ、絶対忘れない。


*****

あー、かなり長くなっちゃった(苦笑)

Uっち~、Aさみん、ありがとう!!
あのね、次は絶対みんなで見たい。 みんなでエルレ見ようね。


そしてありがとう、ELLEGARDEN。
また、会いに行かせてください。


PS・・・細美氏のあの衝撃の指さしは、一体どこでやったのだろぅ。笑
すべては闇の中。。。
[PR]
by yuzu0703 | 2007-03-24 23:30 | LIVEレポ♪