晴れわたる空の色  忘れない 日々のこと


by yuzu0703
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

京都旅行記(07.9.21~9.23) 京都音楽博覧会編

やっと今回のメインイベント、京都音楽博覧会へ。
オンパクというらしいです(笑)

京都駅からぞろぞろと歩いていく。。。


後から知ったんだけど、前売りソールドアウトしたらしく。(正直びっくり)
かなりの人だった(><)





d0063767_11495417.jpg



本日も暑い・・・(笑)




ので、
とりあえず中に1枚シート敷いて荷物を置き、日陰へ移動~。



d0063767_11501165.jpg

暑さとつかれもあったため、

Coccoまではウトウトしながらまったり。 。。。





・・・してたら、いきなり雨ーーー……(°д゜;;) ! !


2人でもう1枚のシートを被って耐える、耐える。
途中からプロのように、濡れない角度とかも分かり始める。(無駄な知識)
でも、なんだか逆にテンションが上がり、「たのしー(´∀`)!」笑

なんとか30分くらいで止み、
バナナシェイク飲んで、会場内のシートへ戻る。


ここでかな?
くるりが出てきたの。



じ・・・甚平!!!



うわーうそーー(°д゜;)
でも正直、岸田さんより佐藤さんが素敵すぎました。笑

今日はありがとうございます~みたいな挨拶して、Coccoの紹介。
最後捌けていく時、岸田さんが階段をぴょんっ!ってジャンプして上っていって。
その後ろ姿がツボでした。
小学生。笑


くるりに紹介されて、Coccoが登場。

なにげに今月見たばかりだった。
ふわふわしたかっこで、椅子に座る。 隣にはアコギのおじさまが1名。

1曲目、久しぶりに聴けた「強く儚い者たち」。
アコースティックだからとても声が空に響いていて、すーごくよかった。
Coccoは高校の頃かなり聞き込んでて、やっぱり良いなぁって思いました。

その後もかなり和やかに、ほわーんとした空気のまま進む。
ゆるい、ゆるい・・・。笑


途中、沖縄の問題についての、すごく長いMC。
その中でCoccoが言った、「やさしいとやさしいがぶつかるのは、かなしい」って言葉と
今のところ沖縄でしか歌っていないという、「ジュゴンの見える丘」。

なんだか連鎖して、感動して少し泣けてしまった。


***


続いて小田さん。
・・・だったんだけど、お手洗い並んでたらまたもパラパラと雨。。。
その前のMCで、自ら雨男を公言したせいか(笑)

なにげに小田さん見るの3回目・・・ぜーたく。
トイレに並びながら♪本当に君を愛せるかな~ っていう、CMの曲を聴いてました。
あれすっごい良い(>_<)


そんで。

くるりが出てきて、「ばらの花」を3人でやったのですが (ごーか!)
♪雨~降りの~~ って歌い出したら、ザーーッ。。。


ひ、ひどぃ・・・・・・(笑)


シートかぶったまま鑑賞。。。
岸田さんに小田さんがハモってる。 岸田さんうれしそうだった。笑

そのまま次のアーティストでも止まず、もぅびしょ濡れ。
さ、む、い(涙)


でも 、もうすぐくるりってなったら、雨が上がった。


d0063767_11525929.jpg


その時うしろに広がってた、淡いゆうやけ。




そんな晴れバンド(?)くるりのセットリスト。

1.ばらの花
2.ハイウェイ
3.スロウダンス
4.砂の星
5.BABY I LOVE YOU
6.JUBILEE
7.スラヴ
8.ハヴェルカ
9.リバー
10.宿はなし




・・・・・・。



。゜(゜´Д`゜)゜。



ハイウェイ!
リバー!!
宿はなし!!!

それ以外はツアーのセトリで、ちょっとう~~ん、だったけれど
この3つが聴けただけでオールオッケー(笑)
そのくらぃうれしかった。


今回はアコースティック編成。
岸田さんはすべてアコギで、ずっと椅子に座ってる状態。
佐藤さんは、ツアーでも少し弾いていたコントラバス。(なので、立ってる)
これがまた、めちゃかっこいい!!

思ったよりは音があったけど、
やっぱりいつもより岸田さんの声が宙に抜けていて、とても素敵でした。


「ハイウェイ」のイントロ入った瞬間、Kちゃんと大喜び。
ハイウェイーーー・・・!!涙

2番の歌詞がみょーに染みて、じんわり。
なんか最近、無駄にいろいろ考えすぎていたような気がするので。
それが軽くなってくのがわかった。


飛び出せジョニー 気にしないで 身ぐるみ全部剥がされちゃいな
やさしさも 甘いキスも あとから全部ついてくる

全部後回しにしちゃいな 勇気なんていらないぜ
僕には 旅に出る理由なんて何ひとつない


手を離してみようぜ~♪笑


「ハヴェルカ 」で、岸田さんまた指揮・・・ 。゜(゜´∀`゜)゜。
すごい、こんな大衆の前でもやっちゃうんだね! あー、さいこう!!笑
笑い堪えるの必死。


そんでそんで・・・「リバー」!!

ほんっと大好きな曲! もーー、うれしすぎた。
半泣きで大喜び。

1番が終わったところで、すごい拍手と喝采。 自分が満面の笑顔なのがわかる。
ふと隣のKちゃんを見ると、同じくものすごい笑顔。笑

岸田さんボンゴ☆
後半の♪You take me higher~を繰り返すところのアレンジが素敵でした。


MC、どこだったか忘れちゃったけど。
とにかく、「ほんまにありがとう」って何度も言ってた。 岸田さん。

今回公園を使わせてもらうにあたって、岸田パパも貢献したらしく。
岸田「ありがとう。 お父ちゃんにも拍手」 (笑)
近隣の住民の人たちに(迷惑にならないよう)ちっちゃく拍手。
→ でも、やっぱりちゃんと拍手。笑


岸田「最後の1曲です。 今日はほんまに、どうもありがとう」

これが1番びっくりした。
なんとなく、有名どころかワルツの曲で終わるんだろうなぁと思ってて。
そしたら、聞き慣れないイントロ。


・・・宿ーーー!!!


ここまで予想外の曲歌われるのって、ほんとに珍しい。
そのくらいびっくりした!

一瞬、なんでこれを選んだんだろ?って思ったけど
聴きながら、すごく京都の町並みに合ってる曲だなぁと実感しました。
歌詞も、絶対ふつうの人じゃ書けないよ。


さいごのさいご。
“鈴の音は 抱いた体の” の後の間。 
一瞬シーンとなって、どこからともなくわぁっと拍手が起こる。
次の瞬間には会場全体に広がる。

その喝采を聞いて見せた、岸田さんのくしゃーーって笑顔。
あれが、いまだに離れません。笑

決してかわいくなんかないんだけど、本当ーーーに、心からしあわせそう。
思わずKちゃんと手を握り合って半泣き。
だって、あんな表情を見れたことがうれしくて、しあわせで。

うん、きもくてごめん。。。汗


でもしょーがない。 泣けるくらいうれしかったんだもん!
京都まで来て、ほんとによかった。


***


ライブ後、Kちゃんが言った「岸田さんがいなきゃ生きてけない!」
というセリフが、おもしろすぎました。笑

これで、完全に夏は終わり!(遅)
きっとあたしたち、次も行くんだろうなぁ~~。

だってまだまだ見足りないもん、京都(*´ω`*)


d0063767_1243164.jpg 


さいごに、

夜の京都タワーをパシャリ。




22時発の夜行に乗って、5時に横浜とうちゃく。
おふろ→おひる過ぎまで爆睡。 笑



***


そしてー。

完全なるパクリですけど(笑)、岸田さんの日記。
あたしもすごい感動したので載せます。


長年の懸案、京都音楽博覧会のこと。

関わってくれた沢山のスタッフと、場所を提供してくださった京都市緑化協会、そして主旨をご理解頂いた近隣の住民の方に、こころから感謝。
出演を決めてくれた沢山のミュージシャンに、大きな拍手。

感謝したい人ばかり。

もっともっといっぱいいる。

最高のお客さんであるあなた方が、本当に音楽を愛しているのだということがわかっただけで、最高の収穫だ。とても誇りに思う。
出演してくれたミュージシャンはみんな驚いていた。

~略~

「リバー」の1番を歌い終わったあとに来たあなた方の喝采が、忘れられない。
ほんまに、嬉しい。

スポンサー無しで挑んだこのイベント、完売御礼でも赤字。
「金のニオイがしないフェス」と、言われるのは複雑な気分だが。「音楽のニオイ」は濃い。
真っ白から始めることで、掴んだものはたいへん大きい。
こういう祭りを、実現したかったのだ。

最後に、風邪をひいたかも知れないお客さんへ。

びしょびしょになりながらも盛り上げてくれてほんまにありがとう。
ただ、野外フェスには、必ず防寒着と、雨がっぱは持参するように。
もし次これをやることがあるならば、会場の設営などの改善点は反映していきたいと思っている。
でも、余計なものがなくても楽しめるのが京都音楽博覧会のええとこと言われるようにしたい。

今後のくるりは、12月に凄いことをやろうとしてる。乞うご期待。



き し だ し ゃ ん 。゜(゜´Д`゜)゜。


この・・・なんてゆーの?

あんまりふだん言葉数の多くない、言葉から特に熱さも感じられない岸田さんが
本当に心から、あの場にいた人たちに感謝の気持ちを伝えようとしてる。
それが、すっごいすっごい伝わってくる。


「リバー」の1番を歌い終わったあとに来たあなた方の喝采が、忘れられない。
ほんまに、嬉しい。


・・・だめだ! 今これ書きながら泣きそう!(笑)

おぼえてるー。 あの、自然と湧き上がってた拍手と歓声。
それを「忘れられない」って言ってくれることが、すごくうれしい。


なんとなくだけど、くるりはきっと、この先もずっと好きでいるんだろうなぁと思う。
大好き!さいこー!!とかじゃなく、
あー好き、大好きだなぁ~~・・・ って、しみじみするかんじ。
この感覚は、ちょっとゆずに似てる。笑


そして、やっぱり外見も中身も岸田さんが理想だと実感してしまった。。。
どうしましょう、この気持ち悪い極論。。。笑

てか、12月なにすんの(><)!?



ほんとに、心から行ってよかったって思う。
こちらこそありがとうです。

ありがとう、くるり。

ありがとう、京都。




・・・以上(´∀`)!!!!
[PR]
by yuzu0703 | 2007-10-03 22:26 | LIVEレポ♪