晴れわたる空の色  忘れない 日々のこと


by yuzu0703
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

闇の中羽ばたいて ゆっくりと鳥になりたい

レミオロメン、2日目。
いやー…衝撃。
何がって

ほんまに酸欠で倒れそうになった。

今日の整理番号は600番台前半で。
友達の荷物を預かって場所を取っていてもらい、あたしはロッカーへ。
いざ中に入って合流しようとしたら、まず問題発生。
人に埋もれてどこにいるのか全くわからない!
電話も圏外。
何分か前に来てた『人ごみの中!ドラムよりちょっと左』というメールを頼りに、「すいません、すいません」と言いながら人だかりを進み、どうにか合流。
最前の柵と2つ目の柵のちょうど真ん中ぐらい。

ここまでは良かったのよ。
前にちょうど男が4人くらい並んでてステージ見えなかったけど、始まった流れに乗って右に行こうと思ってたし。
でも、甘かった。




押されるなんてもんじゃない。
「春景色」が始まった途端、もうもみくちゃ!!
あれはもう…

雪崩です、人間の。

後ろから横からどんどん人が来て、無理矢理入ってくる。
一気に流され、半分パニック。

何だあれ…やばい。
バンドのスタンディングってあんなにすごいもんなの?
昨日2ブロック目から見てたけど、そんな激しい感じ受けなかった。
昨日あたしがいた所は全くってほど押されもしなくて、普通の会場のアリーナ席のイスないバージョンて感じだったのに。
ナメてたわ。
最前ってだけであんなにすごいんだねぇ。

途中マジ苦しくて出たかったけど、人がすごすぎてそれさえ許されず。
後半の「五月雨」から「南風」まで一気にやってた途中、「すきま風」ぐらいの時、本気でもう終わってくれって思った(爆)
そのぐらい苦しかったんですよ!!
ほんとに胸が圧迫されて、息がちゃんとできなくて。
どうにもならないからヤケんなって跳ねてたけど。
「雨上がり」くらいから頭おかしくなってきて逆に楽しかったけど。
でもやっぱり、昨日の方が良かった。

今日の方がよかった事・・・治君の日めくりカレンダーくらい?爆
やー、あの人ほんっとかわいいね。
近くで見れば見るほどかわいーなーと思った。
何であんな満面の笑顔でドラム叩いてんのさ!
やっぱレミのビジュアルは治君で賄ってるな。

とにかく今日は周りに男性が多く。
どれだけ流されても、隣か前に男。
しかも、男の方が遠慮がないんです。
何度肘打ちされたか。
めっちゃ背高いヤツとかいるし。
そういう奴に限って、みんな揺れてるだけの曲でも腕上げてるし。
何で後ろ行こうとか、せめて端っこ行こうとか思えないんだろう。

そして後半後ろにいた女の人2人(バラバラ)が、めっちゃでかい声で歌っててほんとに迷惑だった。
しかも1人は振り返ってアピールしたらやめてくれたけど、もう1人は気づいてないのか何とも思わないのか、最後まで続行。
言いたくても音がでかすぎて無理。
3列目なのに、藤巻の声が聴こえないほど。
ほんまに殴りたかった。
終演後トイレに行ったら、おんなじように文句言ってる人たちが居て。
対象が同じ女かはわかんないですけど、その人たちもかなりキレてた。
そりゃ怒りますよ。
だってさ、


あんたの歌聴きに来たんじゃないんだよ!!!


藤巻亮太の声を聴きに来てんの!!
うちらは!

あー・・・ほんとやな事ばっかりだった。
でも、流せれまくったせいか中盤あたりで気づいたら前から5列目とかにいて。
位置もほぼ藤巻君の前。
だから「深呼吸」「春夏秋冬」「3月9日」「永遠と一瞬」らへん、すっごい感動した。
昨日の日記にも書いたけど「深呼吸」と「永遠と一瞬」ほんっっとーーーに好きだから、これだけは意地でも藤巻君見ながら聴いてやるって思ってて。
180ぐらいある男の後ろで、必死に爪先立ちして肩越しに見ました。

そしてまた流され、後半は藤巻君目の前。
3列目とか。
ほんとに、ちょうど真っ直ぐ前見ると藤巻君って状態。
・・・3mくらいかなぁ。
腰から下はほとんど見えなかったけど。
「海のバラッド」が余計に胸にきました。
うー、やっぱめちゃくちゃ良い。

ほんと…それだけが救い。
もし前じゃなくて後ろに流されてもみくちゃになってたりしたら、二度とライブハウス行かないって思ってたかもしれない。
本気で水分足りないし!
アンコールで治君の撒いた水がかかった時、

「その水、ペットボトルごとくれ!!」

って思った。
治君がどうとかじゃなく、マジで軽く脱水症状起こしてたので…


レミの事は大好きです。
本当に。
スタンディングに慣れてる人はいいと思う。 友達もアジカンとか行ってるから結構平気そうだったし。
でも、そんな人ばっかじゃないのよぉぉ。
・・・なんていうかな、

治君のあの笑顔が憎たらしくなるくらい辛かった。

何だよおまえ、その爽やかな笑顔は、っていう。
こっちは苦しくて死にそうなんですけど、っていう。
でもそれをかわいいとか思ってしまう自分がまた嫌だ。
風が吹いてるかのような笑顔・・・

まぁ、知らずにあの中に行ってしまったこっちも悪いので。
とにかく今後は、最前列になれるほど良い番号じゃない限り最前ブロックは行かないです。

やな文章が続きましたが…こういうのは一応書いておきたいと思ったので。
気を悪くした方がいたらすみません。
明日はもっといい事書こー。


大丈夫。
嫌いにはならない。
嫌いには、なれない。
レミオロメンはレミオロメン。


*レミオロメン 「永遠と一瞬」*
[PR]
by yuzu0703 | 2005-06-03 23:16 | LIVEレポ♪